住宅デー

2016年6月22日

IMG_0933IMG_0934建設組合が中心となって区が後援する住宅デーは今年も、6月5日、区内の多くの会場で行われました。雨模様のため、中止した会場もありました。ブルーシートを屋根にしているところも。区民サービスの包丁研の依頼が100本を超えるところもあります。お疲れ様でした。私は、葛西地域の12会場を回って、参加されている組合員さんや区民の方と懇談しました。

葛西第二分会のメイン会場は、ポップコーンや輪投げや水風船、木工品など子どもたちが喜ぶコーナーが例年通り行われ、子どもたちに喜ばれていました。焼きそばやいなりずしも安価で販売していました。葛西第三分会は、集合住宅のピロティなどを活用しての会場で、包丁を研ぐのが忙しい場面に行きました。葛西西分会は、西葛西の怪獣公園で、焼きそばやフランクフルト、木工の作品などが人気でした。いつものかき氷は、雨模様でとりやめたそうです。外国人が参加する割合が多いのが特徴です。母子の写真をとらせていただきました。南葛西分会は、はじめて仲町公園でやりましたが、認知度が低いとのことでした。メインの富士公園では、水風船やスーパーボールすくいなど、子どもたちに喜ばれていました。事業所南分会はフラワーアレンジメント、事業所北分会は焼肉丼やチョコバナナ、射的などの遊びのコーナーとご近所の方が楽しみに待っておられるのがよくわかりました。東建従葛西支部は東葛西4丁目の東葛西第一住宅北公園で初めて開催しましたが、住宅の自治会の方との連携でたくさんの人が集まっていました。さて、住宅の相談はどのくらいあったでしょうか。日本共産党江戸川区議団は、リフォーム助成や1部屋だけの耐震工事助成も提案しています。区は実施には消極的です。

IMG_0930IMG_0936IMG_0937IMG_0941IMG_0939

航空機新ルート案の反対を

2016年6月20日

IMG_00896月14日、江戸川区議会第二回定例化において、大橋が、航空機騒音問題、防災対策などを求めて質問しました。

航空機騒音は今でも被害がありますが、それを新ルート案では約5倍にも増えることから、撤回を求める意見書の陳情がだされています。私の自宅(中葛西一丁目)の西側は飛行機が通過するコースになっており、夜遅くまでの騒音は落ち着きません。今は、南風悪天候時で昨年は78日間通過しましたが、新ルート案では、北風時は年間約6割、220日と想定され、単純計算すると41140機が荒川沿いを離陸します。南風の時は少し減ることになっている案ですが、減るのは品川区を通るためであり、江戸川区よりもっとひどい騒音被害が予想され、総合的に考えれば、新ルート案撤回が最も住民の要望に添うものです。また、区内の騒音被害への対策も求められます。

質問1 45年前に、騒音が少ない会場ルートを徹底すると国が約束したにもかかわらず、今回の新ルート増便案を示されたことに対し、区として反対するべきではないか。

回答:国際交流に重要なネットワークとして、撤回は現実的ではない。国の約束は誠実に履行されてきた。

質問2 増便は騒音被害を拡大し、事故、落下物などの危険が増える可能性があり、明らかに環境が悪化するという認識を持っているか。

回答:悪化にならないように国に求めてきた。まもなく案が示される。

質問3 現状の騒音被害が増加していることから、住宅をはじめ、学校、病院、幼稚園、保育園などへの騒音対策が必要と考えるが、騒音減少と、二重窓のような騒音対策を国に求めるべきだがどうか。

回答:対策は国に日常的に求めている。騒音対策基準以下で、法律改正は難しい。

引き続き、生活振興環境委員会で区民の要望を伝えていきます。6月20日、生活者ネット主催の学習会に行ってきました。6月22日、小雨の中、航空機の騒音がひどいです。

6月5日、国会へ行こう

2016年6月4日

参議院選挙で野党勝利、憲法守る国会へ、6・5全国総がかり大行動。14時から全国で一斉に行われます。国会周辺に行く方は、日本共産党葛西後援会は、葛西駅と西葛西駅の待合室に午後一時集合ででかけます。大橋は、3時に西葛西駅での共産党街頭宣伝があり、いかれなくなりました。宣伝をやりながら、全国、東京の仲間と連帯してがんばります。

子どもたちのがんばりに大きな拍手

2016年6月4日

5月21日から6月4日まで、葛西地域の小中学校の運動会を見学応援してきました。すべての学校にうかがう事ができませんでしたが、どこに行っても、子どもたちのがんばりに感動し、大きな拍手を送ってきました。私の子どもたちがお世話になった葛西小・葛西中は、校舎の改築があるために校庭がほぼ3年間使えなくなります。どちらの運動会も、「この校庭でやるのは最後です」と子どもたちも校長先生も話されていました。さびしい面と、期待と、両面ありますが、工事中の期間、子どもにとって大事な行事ができるよう学校の工夫がされることでしょう。先生方も大変とは思いますが、よろしくお願いします。

さて、運動会の感動は文章では書ききれません。個人の力を最大限発揮して力いっぱい走る姿、真剣な表情、仲間とタイミングをあわせる団体競技、リズムにあわせる表現といずれもひきつけられます。小学校では、玉入れは従来のものから「踊る玉いれ」に、綱引きも走って加勢する「追いかけ綱引き」へ変わってきました。ソーラン節は定番です。北海道の稚内南中のソーラン節は、リズミカルで踊りの工夫もできると、どの学校でも取り入れられるようになって来ました。鳴子を使ってのよさこいソーランもありますね。中学校は、選抜の競技もありますが、学年のクラス対抗の競技がなんといってもおもしろいです。クラスごとに練習した様子がわかり、先生方も一緒になって応援している姿はいつみても気持ちがいいものです。子どもたちの成長の節目となる運動会はぜひ続けていってほしいものです。応援合戦が中学校でなくなってからずいぶんたちますが、小学校は、元気いっぱい、団長もしっかり練習しています。私も元気をもらっています。今年は、文部科学省から、組体操のタワーとピラミッド自粛の通知があり、学校ごとに工夫していました。怪我のないように、大人が配慮することは当然ですが、国の通知で教育内容が変更されることには疑問があります。

PTAの役員さんは、競技も見ないで交通整理に当たっておられました。お疲れ様でした。ありがとうございました。

IMG_0627IMG_0633IMG_0654IMG_0657IMG_0658IMG_0668IMG_0684IMG_0697IMG_0719IMG_0728IMG_0786IMG_0787IMG_0806IMG_0817IMG_0818IMG_0853IMG_0850IMG_0872IMG_0876IMG_0897IMG_0904IMG_0907IMG_0910IMG_0924

戦争法の廃止を、西葛西でパレード

2016年6月4日

5月28日、中葛西にある二反割公園で、2時から、江戸川総がかり実行委員会主催の、「NO WAR! 憲法壊すな 戦争法廃止を求める」区民の集会・パレードが行われました。そして、4時からは、西葛西駅で、街頭演説と宣伝が行われ、約300名が参加し、戦争法廃止をアピールしました。この集会は、当初、4月に予定されていましたが、熊本地震災害直後であったことから、1ヶ月延期して開かれました。

IMG_0832公園には、個人で参加された方をはじめ、地域の9条の会、市民団体、女性団体、組合などから、参加者が大勢集まり、実行委員会に参加している団体・個人が戦争法の危険さ、戦争はやめさせようと次々に訴えました。新日本婦人の会の荒幡さんは、「自衛隊を戦争にいかせない。増添知事はやめてもらいたい」と。平井の9条の会の三宅さんは「対話が大切。一筆一筆の思いが2000万署名にこめられている」と。江戸川平和運動センターの楠田さんは「戦争展の資料の常設展示を求めたい。沖縄の選挙の激励に行く」と。区職労の伊藤委員長は「今日は交通局の組合も来ている。選挙に行こうとよびかけたい」と。江戸川土建の遠藤さんは「徴兵制がはじまる。戦争を絶対やってはいけない。安倍政権倒す。選挙に勝ちましょう」と、思いを次々に語りました。集会には、日本共産党区議団5名、生活者ネットワーク2名の区議会議員が参加しました。集会後は、約1時間にわたって西葛西地域をパレードしました。通行されている方やマンション在住者からの激励もあり、パレードへの共感が得られ、何よりでした。

IMG_0829IMG_0839

西葛西駅南口では、吉良よし子参議院議員などの街頭演説があり、集会に参加された方を含め、ここでも約300名の聴衆がいて、心強く感じました。吉良よし子参議院議員は、安倍内閣打倒の大きなチャンス、参議院選挙で野党共闘がすすみ、政治を変えるチャンスが広がってきていること、母親になりいっそう命の大切さを実感していること、戦争法廃止のためにがんばる決意を話しました。民進党の初しか衆議院議員、社民党予定候補、ミドルズの方と訴えが続きました。区議会議員も発言することとなり、日本共産党は、河野ゆりえ都議会議員が代表して、各区議の紹介と増添都知事の税金や公用車の私物化をやめさせること、戦争法廃止のためにも山添拓を国会に押し上げてほしいと訴えました。民進党と生活者ネットも訴えました。

IMG_0842

参議院選挙の32の一人区で、すべて候補者が一本化され、野党共闘が実現したことはとても心強く、選挙において、改選議席の過半数61を獲得するために、野党共闘の前進と、東京はじめ複数区の選挙区での共産党の議席獲得をめざしがんばっていきます。山添拓31才弁護士、ブラック企業の根絶、働くルールの確立、最低賃金時給1000円、戦争法廃止を実現させるために、国会に送ってくださいと訴えています。

スーパー堤防差し止め裁判

2016年6月2日

3月に結審の予定が、裁判官の異動で、延期され、6月1日に再度弁論がありました。原告と弁護団は、①法的権限論、②スーパー堤防の合理性がないこと、③原告の権利侵害を主張してきました。100名の傍聴席は満席となり、関心の高さがわかります。また、もう一つの裁判で、谷口裁判長が、「国はスーパー堤防の法的権限があります」という判決をだしたことから、今回の判決への影響がどうなるかも注目されます。今日は、弁護団から裁判の訴えの内容が一時間にわたって説明され、次回は8月23日に原告への弁護団の尋問という形で行われ結審となることが決まりました。ただし、スーパー堤防そのものの事業についての専門家の意見陳述は認められませんでした。弁護団の大江弁護士は、スーパー堤防にふれたくないと思っているのではないかと分析しています。今の、北小岩一丁目は、盛り土工事がほぼ終了、差し止め裁判の意味がなくなってしまい本当に残念です。弁護団によれば、損害賠償の部分が残るから、そこをがんばるということでした。結審がのばされるというのは驚きでしたが、裁判内容が、差し止め訴訟ですから、原告をないがしろにした対応ではないかと怒りがわいてきます。差し止め訴訟といえば、原発再稼働への差し止め判決があまりにも有名です。市民の声をうけとめる司法であってほしい、ムダで、住民犠牲のスーパー堤防は中止するべきだと、これからも、闘う皆さんと一緒にがんばっていきます。IMG_0882IMG_0883裁判を東京選挙区予定候補の山添拓弁護士が傍聴し、その後の報告集会にも田村智子参議院議員とともに参加しました。田村議員は、ムダな公共事業、スーパー堤防はやめさせる、そのためにも、共産党の議席を伸ばしてほしいとあいさつし、山添候補は、被害の実態を明らかにして追及していきたいと参加者を激励しました。IMG_0881原告の高橋さんは、「北小岩一丁目は、江戸川区で最も高く一番水害に安全なところ、まったくわからない。スーパー堤防は細切れ、役に立たない。区と国のやっていることはつじつまがあわない。本当に危険なところがそのまま。区はやりかたが汚い。仕事で説明会にでられなかった。自宅に呼んで説明させたが、必要性は全く分からなかった」と怒りをのべました。IMG_0884昨年大変な水害にあった常総市からも2名の方が参加され、「被害者の会」を作って国の責任を求めていることを報告し、連帯のあいさつをしました。篠崎のスーパー堤防予定地の住民も、4月8日に基本協定を結び、5つの事業を同時にやることが決まったが、いいねといえないと訴えました。北小岩の闘いと連帯をする方は増えています。

日本ロール・新井鉄工支部、がんばれ

2016年5月31日

5月27日、日本ロール門前で、雨の中、全労連東京地評・争議支援総行動が行われました。私は河野ゆりえ都議とともに行動に参加しました。河野都議は、労働3権(団結権、団体交渉権、ストライキ権)にふれ、参加者を激励しました。組合は、自主交渉での争議解決要求書を3月に会社に提出していますが、まだ回答がありません。春闘の後にしてほしいという会社側の話でしたが、4月26日に春闘回答に調印してもまだだされていないということです。ぜひ、話し合いをして争議の解決に向けてほしいです。IMG_0756IMG_0757新井鉄工支部のみなさんも、この争議総行動に参加されていました。昼休みの門前行動をされるということでしたが、私は参加できませんでした。新井鉄工の工場が閉鎖されてからの仕事は、会社の敷地内のかたずけ、雑草の草刈りなどだそうです。せっかくの腕が、もったいないことです。会社は、工場閉鎖ではなく、働く人たちの要望を受け止め、仕事の再開を努力するべきではないでしょうか。

がんばった江戸川動物園分会

2016年5月18日

IMG_06145月17日、公共一般江戸川動物園分会の組合員不当配転事件の勝利報告集会が行われ、たくさんの方がお祝いにかけつけました。分会長の話は涙なしには聞けません。「ここまでたたかったことに喜びをかんじる。5名の組合員は最後までがんばり、平成27年4月に2名職場に戻れたが、仲間の土田さんがもどれなかったことがうしろめたい。今後3人の組合員の正規化をかちとりたい」と挨拶しました。一緒に闘った仲間が同じ職場にもどれなかったことはつらいことでしょう。でも、多くの方の支援も受けながら、不当配転だ、不当労働行為だと認めさせたのは画期的なことでした。今度は、すてきな動物園になることをめざしていくことでしょう。これからも応援します。

日本ロール支部と荒井鉄工支部もかけつけて挨拶しました。こんどは、JMTIU日本ロール支部支援の門前行動が、5月27日の8時30分からあります。私も応援にいきます。

5・28江戸川戦争法廃止のつどいに参加しませんか

2016年5月15日

5月3日の憲法記念日は戦争法廃止の大きな集会となりました。江戸川総がかりのよびかけで、あらためて、5月28日2時からの集会がよびかけられました。4月は熊本地震直後でのパレードは控えたほうが良いという主催者の判断で中止。今回は、二反割公園が会場です。二反割公園は、都バス江戸川車庫の南側、ヤマダ電機の南東にあります。葛西駅と西葛西駅の間くらいですから、少し、駅から歩きますが、戦争法廃止のためにパレードに参加しましょう。私は、4時からの西葛西駅宣伝に参加します。みなさん、駅頭には吉良よし子参議院議員が来ますからこちらも、ぜひお出かけください。母親となった吉良さん、戦争法廃止の訴えは一段と力がこもったものになるのではないでしょうか。

「力合わせ、未来ひらく」と宣伝

2016年5月15日

6月23日告示予定の参議院選挙が目前です。一人区の32選挙区で、日本共産党は野党の要として、独自候補を取り下げる決断をして共同を広げています。二人区以上の13選挙区は日本共産党の必勝を、東京選挙区は山添拓31歳弁護士を国会へと宣伝に全力をあげています。朝・夕の駅頭宣伝、地域宣伝など、日本共産党支部・後援会のご協力を得て回数や時間を増やしています。日本共産党への激励が増えており、うれしいです。宣伝をしていると「ポスターの人ですね」と声がかかります。選挙がはじまると音出しは大きな制限をうけます。私は、第二回定例区議会の一般質問を行いますが、議会準備もあわせて宣伝をがんばっていきます。4月23日、船堀駅頭で街頭演説を行いました。多くの方に山添さんの話を聞いていただけて何よりです。IMG_0525

選挙前最後の山添拓さんの宣伝カーが5月24日火曜日の午前中に江戸川区を回ります。ぜひ話をお聞きください。

10時小岩駅南口、10時40分新小岩南口、11時20分平井駅北口、12時船堀駅南口、12時40分西葛西駅